フェオーの半月 6/29〜7/13

北欧系ペイガンが採用している
ルーマニック・ハーフ・マンス。
ひと月を半分ずつに分け、
ルーンを象意として当てはめるものです。
(下記エフォルの半月は、CELT DIARY 2017
吉田深保子著者より引用しています。※ 了承を得ています。)

フェオーの半月は、豊かさの時。
今、手がけていること、
これまで育ててきたことが、
報酬や評価となり手に入ります。
周りも協力的で
一体感を持って、
物事を成し遂げることが出来ます。
積み上げたスキルや評価を独占せずに
社会に活かすことで、
真実の豊かさとは何かを
知ることが出来るでしょう。

フェオーの形は、両手を広げて
天からの贈り物を受け取るイメージ。
手からこぼれ落ちたものまで
拾い集めて独り占めしてはダメですけどね。

先日、お客様から、これからの運気はどうでしょうか?と聞かれ、
そうですね、誰かを助けたり、支えたり、
色々尽くすことになります。と告げました。

まだ誰かを面倒見るということですか。
慕ってくれてる子がいますが、
工面してあげなさいということですか。

材を投げ打って尽くす必要はありません。
それはあなたのためにもなりません。
そうではなくて、
助けたい、応援したい、その気持ちを、
あなたから、その子へ渡すといいです。
その子が成長したときに、
あんなことしてもらったと思い出して
同じような温かい気持ちが持てるように 
どうぞ応援してください。

そんな内容だったかを、
フェオーで思い出しました。

✴︎HINA-STROLOGY-DIARY✴︎

地球へ…が大好きな占い師。ブリリアントトロジー(土陽星術)の出版に向けた研究。