ダエグの半月 6/14〜6/28

北欧系ペイガンが採用している
ルーマニック・ハーフ・マンス。
ひと月を半分ずつに分け、
ルーンを象意として当てはめるものです。
(下記エフォルの半月は、CELT DIARY 2017
吉田深保子著者より引用しています。※ 了承を得ています。)

ダエグは、バランスと調和のとき。
昼と夜とが存在して完全な1日となるように、
私たちは自然サイクルとともに生き、
そして、調和しています。
生活習慣やサイクルが乱れているなら、
この時期に調整してください。
休まず頑張ってきたなら、
心身に休息を与えてください。
夏至の切り替わりでもあるダエグ。
悪い習慣や心配事を手放して、
新たなサイクルに入りましょう。
                       photo by ericreardon
………………………
季節でいうと、梅雨入りして少し経ちますね。あまり梅雨らしくないけど。
たあだ、女性はとくにですけど、
気圧などお天気の影響を受けます。
女性の子宮、月のものの影響もあります。

あー、めんどっちー
何もかもやめてしまえ!
と、思うことがあるかも。

そんな気分の夏至入り数日前の今は
大掃除がオススメです。

しかも、『早起きは三文の徳』。

キレイな空間にして
気持ちよくあれと
太陽の光を部屋いっぱいに。
そして、月の優しさにも触れましょう。

ちなみに昨日は、わたしは久々に
全く予定のない休みなのでした^ ^

早起きして旦那さまを送り出し
洗濯物を干し、草木に水を撒き、
掃除機をかけて食器を磨き、
お風呂とトイレを洗い、
部屋にお香を焚いて
ゆるりと音楽を流しました。

そして、郵便局の受け取りと
皮膚科にも行って、
帰宅したのが、なんと朝の9時半。

朝の9時半の時点で、やることナシ!
なんだかスッキリして気持ちいい!

さてどうするか?
美容院に行こうか、
マッサージでも受けようか、
気になってた家電を見に行こうか
たまのお一人様な贅沢を妄想するも、
ぶらりと、
車で出かけました。
例のピンクのサングラスで。笑

で、ドライブ中に流れた音楽のせいか、
見知らぬ景色のせいかはわからないけど、
とっても大切なことを思い出しました。

それは
数年前まで友人だった女性のことです。

彼女は某サロンの経営者で、
一時期、彼女のお店を手伝ったりして、
気がつくと、ともに励まし応援し、
プライベートでも遊ぶような、
長いお付き合いになってました。

でもあるとき、友情関係が壊れました。

今思えば、わたしは彼女にすごい感情的で、
彼女の気持ちを全く理解しようとせず、
彼女の裏切りとしか思えず、
もう会うのをやめましょう、と
売り言葉に買い言葉だった気もします。

友達との距離。
友達って言葉が今なお怖いし難しい。
それが、わたしの中の悲しみや
心配事で、手放してしまいたい思い。

いつかまた笑って会えたらなんて
そんなおめでたい話を考えるには
ずいぶんとわたしの年も増したと思う、
けど、時間の経過とともに、
こうやって思い出せる時間も出来たのかな。

わたしの考える友達というくくり。
友達には正直でありたいし、
それは、これからも変わらない。

彼女の未来はきっと凄いだろう。
嫉妬してしまうくらいに。
わたしも負けずと頑張りたい!

夏至近くまでに、
また早起きしては
色々と思い出しては
新しいサイクルに入りたいと思います。

✴︎HINA-STROLOGY-DIARY✴︎

地球へ…が大好きな占い師。ブリリアントトロジー(土陽星術)の出版に向けた研究。