はゆき咲くら

あなたの‘なりたい'を応援する占い師

記事一覧(59)

10/28〜11/12 ハガルの半月

photo  by magnascan崩壊と再建の時。自ら終わらせる物事や、人間関係などあるかもしれません。これまでの環境が一転するような出来事がある場合も。しかし、崩れ去った物事の先に、清々しい希望の光が見えるでしょう。別れや終わりが訪れても、恐れず乗り越えていきましょう。きっと以前よりも確かな地面の上を歩いていることに気づくはずです。北欧系ペイガンが採用しているルーマニック・ハーフ・マンス。ひと月を半分ずつに分け、ルーンを象意として当てはめるものです。(上記のルーンの意味は、CELT DIARY 2017吉田深保子著者より引用しています。※ 著者に掲載の了承を得ています。)舞台の役者風に書いてみると…何故かって⁇それ、これの為に起こったことなんだ。それなくば、お前はそれに気付くまい。雹は、突然落ちてくるし、逃げ場を探して逃げても、どこからどう飛んでくるか検討もつかないだろう?痛いし、傷つくし、恐ろしいよ。でも、雹が降りきった後には、水となり地上を潤した大地と、きれいな虹も出ることがあるんだ。……って感じかしら。笑最近、宝塚のDVD特にエリザベートばかり観てるので、エリザァベ〜〜〜〜ト、おまえは〜〜って歌詞が頭の中で連呼してるわたし。笑崩壊と再建なんて聞くと、ドラマチックな宝塚の舞台を重ねて妄想してしまいます。じつは、ハガルは雹のことです。 雹は作物に限らず突如に多大なる被害を与えますね。傘は役に立たないし車は傷つくし困りますよね。雹は、いろいろなことを一気に一掃して、未来への爪痕を残すようです。普段なら耐えられること、ずっと抑えてきたこと、相容れないと気づいたこと、意地悪な人たち、悪意ある行為、影の敵の存在、性根の悪さなど、見て見ぬ振りしてたこと、そう言った関係性の見直しです。壊してしまいたいこと、もう、恐れないで壊して。ただし、ネガティヴな決着は意味をなさない。何か崩れ去り離れようとも、これを良い機会としてあなたが目覚めますように。このルーンカードの名前は、Hail(雹)。

STRENGTH

A warrior stands with her familiar.She bears two cities upon her shoulders and holds her heart before her chest.Strength is a card of deter-mination and a call to compassionate foritude.Emotion can be a weakness, but in this case  it can also be a power.Utilize the energy your heart has given you to conquer fear and control your path.Assert yourself in your relationships and at work, but remember to use emotion to steady your demeanor.Let the world witness your inner strength.Google翻訳Senshi wa kanojo no onajimidesu. Kanojo wa kata ni 2tsu no toshi o mochi, mune no mae ni kokoro o dakimasu.Kore wa kesshin no kādodeari, omoiyari no tsuyo-sa e no yobikakedesu.Kanjō wa jakuten ni naru kanōsei ga arimasuga, ko no baai wa kanjō mo chikara ni narimasu.Anata no kokoro ga kyōfu o kokufuku shi, anata no michi o seigyo suru tame ni ataeta enerugī o katsuyō shite kudasai.Anata no kankei ya shokuba de jibun o shuchō suruga, anata no taido o antei sa seru tame ni kanjō o tsukau koto o wasurenaide kudasai.Sekai ni anata no uchinaru chikara o mimashou.…………………じつは、私は計画してる事があります。かなり先だけども計画しています。で、それは、中途半端なことにしたくはないです。その為に、少し前に私は決意をしました。私も、この戦士のように、言うならば2つの事を抱えていて、内なる情熱が、その2つを為すには絶対に必要だし、逆にも言えて、情熱の心を前に打ち出す為には、その2つのタイミングに合わせたしっかりした計画が必要です。このカードのように、時に感情的になろうと、その感情さえも上手に活かして、力を作りたいものです。諦めないことが、全てです。

THE HIEROPHANT

TRADITIONCONFORMITYBELIEF SYSTEMSA maked figure holds the flame of knowledge and beckons you into a mysterious inner sanctum.The Hierophant is known as the High Priest in some decks.He represents established social structures and spiritual traditions.He is a source of knowledge outside us and teaches us what can be learned by word and by example.If The Hierophant has appeared in your reading, you may be feeling a need for a deeper sense of meaning in your life.You feel a call to learn and to be a part of something, whether that some-thing is a group of people, an established in-stitution, or a spiritual practice.Google翻訳Dentō Tekigō-sei Shinkō no shisutemuHadaka no jinbutsu wa chishiki no honō o hoji shi, shinpi-tekina uchinaru seiiki ni anata o michibikimasu.Hierophant wa ikutsu ka no dekki de dai saishi to shite shira rete imasu.Kare wa kakuritsu sa reta shakai kōzō to seishin-teki dentō o daihyō shite imasu.Kare wa watashitachi no soto ni aru chishiki-gendeari, kotoba de, soshite rei de manaberu koto o oshiete kuremasu.Anata no dokusho ni Hierophant ga tōjō shite ireba, anata no jinsei no imi o yori fukaku rikai suruhitsuyōgāru kamo shiremasen.Anata wa nanika ga hito no shūdandearou to, kakuritsu sa reta kikandearouga, seishin-tekina renshūdearou to, nanika no ichibudearu koto o manabi, soreni sanka suru yō motomete imasu.このカードにある人物は、ロウソクに明かりを灯し本を読んでいます。本のページが、この人物を包んでいます。頭の鉢からは新芽が伸びています。内側にはこの人物の進む道と階段があって、幾つモノ階段を登れば情熱の炎が満たされそうです。とはいえ、満たされたところで、さらに先に道が続いています。この道を進んで大丈夫かは、最終的にはあなた自身が答を出します。その為にも、あなたが納得するまでじっくり時間をかけましょう。自分を偽らずに。少し話がそれますけれど蠍座に木星が入って5ハウスが蠍サインの私は個人で楽しむ方法を改めます。喩えるなら読書は好きですが、今の自分がいる階段は狭いのです。丈夫でスキップ出来る位に仕上げたいな。

ウィンの半月 10/13〜10/27

喜びの時。悩み事は早々に解決、努力は結実するでしょう。仲間の信頼にも恵まれてとても楽しい時期です。リラックスして気軽に過ごす時間を味わいましょう。楽しい気分に浮かれ足元を見なくなる時でもあるので出先での落し物や、約束を忘れるなどうっかりミスに注意しましょう。北欧系ペイガンが採用しているルーマニック・ハーフ・マンス。ひと月を半分ずつに分け、ルーンを象意として当てはめるものです。(上記のルーンの意味は、CELT DIARY 2017吉田深保子著者より引用しています。※ 著者に掲載の了承を得ています。)これはウィンのルーンカードで、みんなと楽しく踊っている様子なんです。カード名は、JoyJoyful is he who has little want, soreness and sorrow, and has for himself plenty and bliss and the comforts of the town.Joyful are those who recognise good fortune when it is with them.To Know joy, you must also Know sorrow, but do not seek it out as Wyrd has enough for us all.The sorrow of others is not hard to find for those who have eyes to see.Google翻訳Yokkyū fusoku to kanashimi ga hotondo naku, machi no kaiteki-sa to yutaka-sa to shifuku o motte imasu.Karera to issho ni iru toki ni kōun o mitomete iru hito wa saiwaidesu.Yorokobi o shiru tame ni wa, kanashimi o shitte inakereba narimasenga, Wyrd ga watashitachi no tame ni jūbundearunode, sore o motomenaide kudasai.Tanin no kanashimi wa mitame ni wa mitsuke nikuidesu.気に入っているカードの一つですが、たいてい、これなんか恐いーって反応されてしまいます。笑たしかに、カードの絵を見ると、狂ってるようにもみえますね。笑でもって、君もこっちおいでって歓迎されるようにもみえます。飛び入り参加して大丈夫か?たしかに、誘ってる女の子の片目が髪の毛で微妙に見えなくて表情が読めないですね。カードの様子はマイマイマイマイマイムを思い出します。知恵袋にその歌詞がありました。↓